8月5日は「タクシーの日」です。
2007年の岳南朝日新聞に紹介されました
斉藤広己の記事をご紹介いたします。

無事故・無違反40年
接客面にも気づかい


 タクシー運転歴40年で、無事故・無違反
の15年表彰を受賞。
「車の運転が嫌いではなかったので、なんと
なく運転手になってしまった。方向感覚が良
く、勘が働き、初めて行った所でも迷ったこ
とはありません」
 長年、運転を続けて困ったことは、良かれ
と思ってしたことが裏目に出た場合。たとえ
ば道が混んでいるのでルートを変えたところ、
工事中でかえって悪い結果を招いたことも。
「良かったことは、この仕事を始める前に比
べてさまざまな人間が見られ、観察眼が養わ
れたこと。遠回りでも広い道を行けという人
もいれば、あぜ道のような所を行かせる人も
いる。いろいろなタイプに出くわします」
趣味は簡単な日曜大工や珍しい山草を採って
庭に植えること。接客の面では、話し方がぶ
っきらぼうなところを直したいと話す。

 (岳南朝日新聞 2007年8月5日(日)掲載)
斉藤広己です。
今日も感謝の気持ちで
がんばります。
2006(平成18)年の記事をご紹介します
社員紹介のトップページへ
2005(平成17)年の記事をご紹介します